令和2年度

論文

 

I. 原著論文

 

[英文」

  1. Kobayashi M, Mizuno T, Yuki H, Kambara T, Betsunoh H, Nukui A, Abe H, Fukabori Y, Yashi M, Kamai T: Association between serum prostate-specific antigen level and diabetes, obesity, hypertension, and the laboratory parameters related to glucose tolerance, hepatic function, and lipid profile: implications for modification of prostate-specific antigen threshold. Int J Clin Oncol 25(3), 472-478, doi: 10.1007/s10147-019-01527-6, 2020. 3.
  2. Tanaka H, Fukushima H, Kijima T, Nakamura Y, Yajima S, Uehara S, Yoshida S, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Fujii Y: Feasibility and outcomes of selective tetramodal bladder-preservation therapy in elderly patients with muscle-invasive bladder cancer. Int J Urol 27(3), 236-243, doi. 10.1111/iju.14179, 2020. 3.
  3. Suzuki H, Ito M, Takemura K, Nakanishi Y, Kataoka M, Sakamoto K, Tobisu K-I, Koga F: Prognostic significance of the controlling nutritional status (CONUT) score in advanced urothelial carcinoma patients. Urologic oncology 38(3), 76.e11-76.e17, doi. 10.1016/j.urolonc.2019.10.014, 2020. 3.
  4. Kijima T, Ito M, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Fujii Y: Treatment-induced changes in levels of brain natriuretic peptide in prostate cancer patients receiving gonadotropin-releasing hormone antagonists or agonists. Int J Urol 27(4), 354-355, doi. 10.1111/iju.14201, 2020. 4.
  5. Nukui A, Kamai T, Arai K, Kijima T, Kobayashi M, Narimatsu T, Kambara T, Yuki H, Betsunoh H, Abe H, Fukabori Y, Yashi M, Yoshida KI: Association of cancer progression with elevated expression of programmed cell death protein 1 ligand 1 by upper tract urothelial carcinoma and increased tumor-infiltrating lymphocyte density. Cancer Immunol Immunother ;69(5):689-702. doi: 10.1007/s00262-020-02499-7. 2020. 5.
  6. Nakamura Y, Yokoyama M, Yoshida S, Tanaka H, Kijima T, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Minami I, Yoshimoto T, Naito S, Ogawa Y, Yamada T, Uchida S, Fujii Y: Postoperative renal impairment and longitudinal change in renal function after adrenalectomy in patients with Cushing's syndrome. Int J Urol 27(5), 395-400, di. 10.1111/iju.14205, 2020. 5.
  7. Sakamoto k, Ito M, Ikutab S, Nakanishia Y, Kataoka M, Takemura K, Suzuki H, Tobisu K-I, Kamai T, Koga F: Detection of Muscle-Invasive Bladder Cancer on Biparametric MRI Using Vesical Imaging-Reporting and Data System and Apparent Diffusion Coefficient Values(VI-RADS/ADC). Bladder Cancer 6, 161-169, doi. 10.3233/BLC-190267, 2020. 6.
  8. Tanaka H, Kijima T, Fujii Y: Bladder preservation therapy in muscle-invasive bladder cancer. AME Medical Journal 5(16), 1-15, doi. 10.21037/amj.2020.02.01, 2020. 6.
  9. Kijima T, Fukushima H, Kusuhara S, Tanaka H, Yoshida S, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Numao N, Sakai Y, Saito K, Matsubara N, Yuasa T, Masuda H, Yonese J, Kageyama Y, Fujii Y: Association Between the Occurrence and Spectrum of Immune-Related Adverse Events and Efficacy of Pembrolizumab in Asian Patients With Advanced Urothelial Cancer: Multicenter Retrospective Analyses and Systematic Literature Review. Clin Genitourin Cancer S1558-7673(20)30163-4, doi. 10.1016/j.clgc.2020.07.003, 2020. 7.
  10. Kaneko K, Yoshida S, Yamamoto K, Arita Y, Kijima T, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Fujii Y: Renal epithelioid angiomyolipoma: Incidence in a Japanese cohort and diagnostic utility of diffusion-weighted magnetic resonance imaging. Int J Urol 27(7), 599-604, doi. 10.1111/iju.14251, 2020. 7.
  11. Kubota M, Kokubun H, Yamaguchi R, Murata S, Makita N, Suzuki I, Suzuki R, Abe Y, Tohi Y, Tsutsumi N, Sugino Y, Inoue K, Kawakita M: Atypical oncologic failure after laparoscopic and robot-assisted radical cystectomy at a single institution. Int J Clin Oncol 25(7), 1385-1392, doi. 10.1007/s10147-020-01677-y, 2020. 7.
  12. Kijima T, Tanaka H, Uehara S, Yoshida S, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Kihara K, Fujii Y: Clinical Outcomes of Patients With Histologic Variants of Urothelial Carcinoma Treated With Selective Tetramodal Bladder-preservation Therapy Incorporating Consolidative Partial Cystectomy. Clin Genitourin Cancer 18(4), 268-273.e2, doi. 10.1016/j.clgc.2019.11.005, 2020. 8.
  13. Yoshida S, Takahara T, Ishii C, Arita Y, Waseda Y, Kijima T, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Fujii Y: METastasis Reporting and Data System for Prostate Cancer as a Prognostic Imaging Marker in Castration-resistant Prostate Cancer. Clin Genitourin Cancer 18(4), e391-e396, doi. 10.1016/j.clgc.2019.12.010, 2020. 8.
  14. Yokoyama M, Masuda H, Ito M, Waseda Y, Moriyama S, Toide M, Uchida Y, Uehara S, Kijima T, Yoshida S, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Fujii Y: Longitudinal changes in patient-reported outcomes after artificial urinary sphincter implantation. LUTS 12(3), 240-244, doi. 10.1111/luts.12311, 2020. 9.
  15. Matsuoka Y, Uehara S, Yoshida S, Tanaka H, Tanaka H, Kijima T, Yokoyama M, Ishioka J, Saito K, Fujii Y: Value of extra-target prostate biopsy for the detection of magnetic resonance imaging-missed adverse pathology according to the Prostate Imaging Reporting and Data System scores: Spatial analysis using magnetic resonance-ultrasound fusion images. Int J Urol 27(9), 760-766, doi. 10.1111/iju.14295, 2020. 9.
  16. Kubota M, Kokubun H, Yamaguchi R, Murata S, Makita N, Suzuki I, Suzuki R, Abe Y, Tohi Y, Tsutsumi N, Sugino Y, Inoue K, Kawakita M: Surgical outcomes and learning curve of totally intracorporeal ileal conduit urinary diversion following laparoscopic radical cystectomy at a single institution. Asian J. Endosc. Surg. 13(4), 532-538, doi. 10.1111/ases.12793, 2020. 10.
  17. Fukushima H, Inoue M, Kijima T, Yoshida S, Yokoyama M, Ishioka J, Matsuoka Y, Saito K, Fujii Y: Incidence and Risk Factors of Hypertension Following Partial Nephrectomy in Patients With Renal Tumors: A Cross-sectional Study of Postoperative Home Blood Pressure and Antihypertensive Medications. Clin Genitourin Cancer 18(5), e619-628, doi. 10.1016/j.clgc.2020.02.004, 2020. 10.
  18. Fukushima H, Kijima T, Fukuda S, Moriyama S, Uehara S, Yasuda Y, Tanaka H, Yoshida S, Yokoyama M, Matsuoka Y, Saito K, Matsubara N, Numao N, Sakai Y, Yuasa T, Masuda H, Yonese J, Kageyama Y, Fujii Y: Impact of radiotherapy to the primary tumor on the efficacy of pembrolizumab for patients with advanced urothelial cancer: A preliminary study. Cancer medicine 9(22), 8355-8363, doi. 10.1002/cam4.3445, 2020. 11.

 

[和文」

  1. 倉科 凌, 深堀 能立, 大久保 尚弥, 坂本 和優, 鈴木 一生, 武井 航平, 貫井 昭徳, 幸 英夫, 別納 弘法, 安士 正裕, 釜井 隆男: Multiparametric MRI時代の直腸診. 日本腎泌尿器疾患予防医学研究会誌 28(1), 34-36, 2020. 3.

 

II.症例報告

 

[英文」

  1. Matsumoto S, Kijima T, Matsuoka Y, Yamamoto M, Fujii Y: A case of recurrent thrombocytopenia involving divergent immune-related mechanisms associated with pembrolizumab. Eur. J. Cancer 131, 104-107, doi. 10.1016/j.ejca.2020.02.043, 2020. 5.
  2. Yonese I, Ito M, Takemura K, Kamai T, Koga F: A Case of Metastatic Hereditary Leiomyomatosis and Renal Cell Cancer Syndrome-Associated Renal Cell Carcinoma Treated with a Sequence of Axitinib and Nivolumab Following Cytoreductive Nephrectomy. Journal of kidney cancer and VHL 7(2), 6-10, doi. 10.15586/jkcvhl.2020.148, 2020. 7.
  3. Okubo N, Kijima T, Nukui A, Kamai T: Immune-related myositis resulting from combination therapy of ipilimumab and nivolumab in patient with metastatic renal cell carcinoma. BMJ case reports 13, 235199, doi. 10.1136/bcr-2020-235199, 2020. 9.
  4. Suzuki I, Kijima T, Owada A, Kamai T: Case of prostate stromal tumour of uncertain malignant potential where positron emission tomography with 18F-fluorodeoxyglucose was useful for surgical planning. BMJ case reports 13(9), 235738, doi. 10.1136/bcr-2020-235738, 2020. 9.
  5. Takada-Owada A, Nozawa Y, Onozaki M, Noda S, Jamiyan T, Tokura Y, Nakazato Y, Kamai T, Ishida K: Plasmacytoid urothelial carcinoma of renal pelvis with positive zinc finger E-box-binding homeobox 1: a case report. Diagn Pathol15(1), 124, Doi. 10.1186/s13000-020-01043-6, 2020. 10.
  6. Okubo N, Kobayashi M, Kusakabe T, Kamai T: A case of a hematocele of the spermatic cord mimicking epididymal tumor. Urology case reports 33, 101318, doi. 10.1016/j.eucr.2020.101318, 2020, 11.
  7. Tokura Y, Kobayashi M, Kamai T: Local advanced adrenocortical cancer with a long-term recurrence-free survival treated with complete surgical excision and adjuvant therapy with a very low-dose mitotane. Doi. 10.1002/iju5.12196, IJU case reports 33, 233-235, 2020. 11.
  8. Nishimura N, Torimoto K, Oda Y, Yoshida T, Uematsu T, Omori C. Fujimoto K: A Case Report of Severe Ischemic Priapism Treated Aggressively by Proximal Shunt]. Acta Urologica Japonica 66(11), 411-414, doi. 10.14989/ActaUrolJap_66_11_411, 2020. 11.
  9. Okazaki A, Kijima T, Schiller P, Ishikawa N, Fuchizawa H, Takei K, Suzuki I, Sakamoto K, Tsuzuki T, Kamai T: Spontaneous regression of multiple pulmonary metastases accompanied by normalization of serum immune markers following cytoreductive nephrectomy in a patient with clear-cell renal cell carcinoma. IJU case reports 4(2), 95-99, Doi. 10.1002/iju5.12252, 2020. 12.
  10. Jojima T, Kogai T, Iijima T, Kato K, Sagara M, Kezuka A, Kase M, Sakurai S, Akimoto K, Sakumoto J, Namatame T, Ueki K, Hishinuma A, Kamai T, Usui I, Aso Y: Genetic alteration of ARMC5 in a patient diagnosed with meningioma and primary macronodular adrenal hyperplasia: a case report. Euro J Endocrinol 183(6), K7-K12, doi. 10.1530/EJE-20-0014, 2020. 12.

 

III. 総説

 

  1. 貫井 昭徳, 釜井 隆男, 稲村 健介, 塩山 靖和, 楫 靖: 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング(第109回) 医原性尿管損傷,尿管狭窄に対し血管造影用の細径ガイドワイヤーとカテーテルを用い,二期的に尿管ステントを留置した1例. 泌尿器外科, 医学図書出版(株) 33(1): 47-49, 2020. 1.
  2. 釜井 隆男: 時間軸を意識した前立腺癌診療:いつ評価すれば何がわかるか?_現状と課題 前立腺癌診療における分岐点と画像診断. Japanese Journal of Diagnostic Imaging 38(1), 80, 2020. 1.
  3. 木島 敏樹, 釜井 隆男: 【高齢者の安全な泌尿器科診療を目指して】(chapter 3)高齢者の泌尿器がん 高齢者に対する腎盂・尿管がんの治療戦略. Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure 25(2), 246-251, 2020. 4.
  4. 木島 敏樹: 淡明細胞癌・非淡明細胞癌に対する全身治療. 泌尿器外科 33特別号: 52−59, 2020. 4.
  5. 深堀 能立, 鈴木 一生, 釜井 隆男: 【これ一冊でパーフェクト!!泌尿器科悪性腫瘍のエビデンス】その他の腫瘍 副腎皮質癌. 泌尿器外科, 医学図書出版(株) 33特別号: 372-375, 2020. 4.
  6. 別納 弘法, 坂本 和優, 安士 正裕, 釜井 隆男: 【これ一冊でパーフェクト!!泌尿器科悪性腫瘍のエビデンス】その他の腫瘍 後腹膜腫瘍. 泌尿器外科, 医学図書出版(株) 33特別号: 372-375, 2020. 4.
  7. 貫井 昭徳, 武井 航平, 木島 敏樹, 釜井 隆男: 【これ一冊でパーフェクト!!泌尿器科悪性腫瘍のエビデンス】その他の腫瘍 悪性褐色細胞腫. 泌尿器外科, 医学図書出版(株) 33特別号: 376-384, 2020. 4.
  8. 釜井 隆男: 治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 尿管狭窄. 日本医事新報 5019, 44-45, 2020. 7.
  9. 釜井 隆男: 10年間におよぶ腹腔鏡下小切開手術(MIES)での経験を基に始めた単孔式腹腔鏡下腎摘除術(LESS-N)の経験. 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌 12, 97-100, 2020. 12.
  10. 木島 敏樹, 釜井 隆男: 実践マニュアル 前立腺癌骨転移診断Update. Urology Today, 27(4), 30-33, 2020. 12.
  11. 釜井隆男:Oral Session 3 「全身療法」座長コメント. 腎癌研究会会報 50: 19, 2020.

 

 

 

学会・研究会・講演

 

I. 講演・研究会

  1. 別納 弘法: アミノレブリン酸を用いた光力学診断補助下TURBTについて, 中外製薬社内勉強会, 宇都宮市, 2020, 1, 20.
  2. 幸 英夫, 大久保 尚弥, 倉科 凌, 坂本 和優, 鈴木 一生, 武井 航平, 別納 弘法, 貫井 昭徳, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: 腹腔鏡下尿膜管摘除術17例の検討. 第22回栃木県内視鏡外科研究会 宇都宮市, 2020. 2. 1.
  3. 上村 博司, 釜井 隆男(座長): mCRPC治療における化学療法とFN予防. 栃木県CRPCセミナー 宇都宮市,2020. 2. 3.
  4. 貫井 昭徳; 当科におけるオプジーボ・ヤーボイ併用療法の使用経験. 腎細胞癌 オプジーボ・ヤーボイ併用療法承認1周年記念講演会in栃木 宇都宮市, 2020. 2. 12.
  5. 釜井 隆男(特別講演): 腎細胞癌の最新治療戦略. 腎細胞癌 オプジーボ・ヤーボイ併用療法承認1周年記念講演会in栃木 宇都宮市, 2020. 2. 12.
  6. 釜井 隆男(シンポジウム): 時間軸を意識した前立腺癌診療:いつ評価すれば何がわかるか?_現状と課題 前立腺癌診療における分岐点と画像診断. 第39回日本画像医学会学術集会 東京,2020. 2. 15.
  7. 木島 敏樹: M0/M1 oligo前立腺癌の治療方針. Prostate Cancer Academy in Kanto web, 2020. 7.22.
  8. 木島 敏樹: M0/M1 oligo前立腺癌の治療方針. 日本新薬社内勉強会 web, 2020. 9. 2.
  9. 貫井 昭徳: 前立腺がん検診の現状と課題.令和2年度 前立腺がん検診従事者研修会.宇都宮市, 2020. 11. 17.
  10. 幸 英夫: 泌尿器科疾患と過活動膀胱治療の現状. 第9回 多施設でつながる地域医療を考える会 日光市, 2020. 11. 25.
  11. 木島 敏樹: 転移性前立腺癌mHSPC high volume / low volume (oligomets)の治療方針. ヤンセンファーマ社内勉強会 web, 2020. 12. 2.
  12. 木島 敏樹: 転移性前立腺癌mHSPC high volume / low volume (oligomets)の治療方針. アステラス製薬社内勉強会 web, 2020. 12. 9.
  13. 木島 敏樹: CARD試験Reviewと転移性前立腺癌mHSPCの治療方針. サノフィ社内勉強会 web, 2020. 12. 15.
  14. 釜井 隆男(座長): 前立腺癌患者のQOLマネジメント. 第108回日本泌尿器科学会総会 イブニングセミナー1 神戸, 2020. 12. 22.

 

II. 学会発表

 

【国際学会】

  1. Abe H, Yamaguchi Y, Kurashina R, Okubo N, Takei K, Suzuki I, Sakamoto K, Nishihara D, Betsunou H, Toyoshima T, Fukabori Y, Yashi M, Kamai T: Significance of body composition and systemic inflammation as prognostic factors for metastatic renal cell carcinoma treated with cytoreductive nephrectomy. The 108th Annual Meeting of the Japanese Urological Association, international session, web, 2020. 12/22-24.

 

【国内学会】

  1. 米田 龍生, 小田 侑希, 西村 伸隆, 吉田 貴法, 植松 稔貴, 大森 千尋, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 青木 勝也, 田中 宣道, 藤本 清秀: 奈良県立医科大学透析部における2019年度入院血液透析臨床統計. 奈良県医師会透析部会奈良透析学術総会 奈良市, 2020. 2. 2. 口演.
  2. 西村 伸隆, 鳥本 一匡, 小田 侑希, 吉田 貴法, 植松 稔貴, 市川 和樹, 大森 千尋, 中井 靖, 三宅 牧人, 井上 剛志, 穴井 智, 青木 勝也, 田中 宣道, 米田 龍生, 藤本 清秀, 丸上 永晃: 虚血性維持勃起症 典型例と非典型例の経験. 第243回日本泌尿器科学会関西地方会 京都 2020. 2. 15. 口演.
  3. 吉田 貴法, 青木 勝也, 小田 侑希, 西村 伸隆, 植松 稔貴, 大森 千尋, 堀 俊太, 中井 靖, 三宅 牧人, 井上 剛志, 穴井 智, 鳥本 一匡, 田中 宣道, 米田 龍生, 藤本 清秀: 第243回日本泌尿器科学会関西地方会 京都 2020. 2. 15. 口演.
  4. 大森 千尋, 堀 俊太, 西村 伸隆, 小田 侑希, 吉田 貴法, 植松 稔貴, 三宅 牧人, 鳥本 一匡, 穴井 智, 青木 勝也, 田中 宣道, 米田 龍生, 吉田 克法, 藤本 清秀: レシピエントの予後に影響するドナー因子の検討. 第53回日本臨床腎移植学会 東京, 2020. 2. 19-21. P.
  5. 大久保 尚弥, 木島 敏樹, 倉科 凌, 坂本 和優, 鈴木 一生, 武井 航平, 別納 弘法, 貫井 昭徳, 幸 英夫, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: イピリムマブ+ニボルマブ併用療法により,免疫関連有害事象による自己免疫性筋炎をきたした転移性腎細胞癌の1例. 第85回日本泌尿器科学会東部総会 web, 2020. 9/25-10/16. S
  6. 岡崎 昭仁, 木島 敏樹, 渕澤 寛崇, 横山 愛, 坂本 和優, 鈴木 一生, 西原 大策, 別納 弘法, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: 腎摘除後にCRP陰転化と共に肺転移巣の自然消退を認めた淡明細胞型腎癌の2例. 第85回日本泌尿器科学会東部総会 web, 2020. 9/25-10/16. P
  7. 渕澤 寛崇, 深堀 能立, 岡崎 昭仁, 横山 愛, 坂本 和優, 鈴木 一生, 西原 大策, 木島 敏樹, 別納 弘法, 安士 正裕, 釜井 隆男: 前立腺癌が疑われた前立腺クリプトコッカス症の1例. 第85回日本泌尿器科学会東部総会 web, 2020. 9/25-10/16.
  8. 中村 岳, 沼倉 一幸, 嘉島 相輝, 山本 竜平 , 小泉 淳, 奈良 健平, 齋藤 満, 成田 伸太郎, 佐藤 滋, 羽渕 友則:医原性尿管損傷における尿管再建術の検討. 第85回日本泌尿器科学会東部総会 web, 2020. 9/25-10/16.
  9. 貫井 昭徳, 大久保 尚弥, 倉科 凌, 坂本 和優, 鈴木 一生, 武井 航平, 幸 英夫, 別納 弘法, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: 当科における進行性腎細胞癌に対するニボルマブ,イピリムマブ併用療法の初期使用経験. 第85回日本泌尿器科学会東部総会 web, 2020. 9/25-10/16.
  10. 貫井 昭徳, 釜井 隆男, 稲村 健介, 塩山 靖和, 楫 靖: 医原性尿管損傷,尿管狭窄に対し血管造影用の細径ガイドワイヤーとカテーテルを用い,二期的に尿管ステントを留置した1例. 第17回泌尿器科再建再生研究会 web,2020.9/5. P
  11. 中村 岳, 沼倉 一幸, 嘉島 相輝, 山本 竜平 , 小泉 淳, 奈良 健平, 齋藤 満, 成田 伸太郎, 佐藤 滋, 羽渕 友則:医原性尿管損傷における尿管再建術の検討. 第17回泌尿器科再建再生研究会 web,2020.9/5. P
  12. 西原 大策, 貫井 昭徳, 木島 敏樹, 釜井 隆男: 尿路上皮癌に対するペムブロリズマブの治療効果予測バイオマーカーとしてのPD-L1および腫瘍組織浸潤リンパ球(TIL). 第24回日本がん免疫学会総会 web, 2020. 10/7-10/9.
  13. 別納 弘法, 岡崎 明仁, 渕澤 寛崇, 坂本 和優, 鈴木 一生, 西原 大策, 木島 敏樹, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: 当院における5-アミノレブリン酸内服下TURBTの初期経験. 第41回日本レーザー医学会 web, 2020. 10/9-10/10.
  14. 植松 稔貴, 鳥本 一匡, 田中 宣道, 浅川 勇雄, 堀 俊太, 中井 靖, 三宅 牧人, 穴井 智, 長谷川 正俊, 藤本 清秀: 前立腺癌に対する低線量率密封小線源療法後の下部尿路症状と治療季節の関連. 第27回日本排尿機能学会 東京, 2020. 10. 15-17, 口演
  15. 橘 進彰, 田中 宣道, 堀 俊太, 増田 寛雄, 松原 聡彦, 吉川 貴之祐, 植松 麻友, 植松 稔貴, 大西 美貴子, 中井 靖, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 藤本 清秀: 前立腺全摘除術後全生存率と期待余命との比較検討. 第58回日本癌治療学会学術集会 京都, 2020. 10. 22-24. 口演.
  16. 増田 寛雄, 田中 宣道, 堀 俊太, 吉川 貴之祐, 松原 聡彦, 橘 進彰, 植松 麻友, 植松 稔貴, 大西 美貴子, 中井 靖, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 藤本 清秀: 根治的腎摘除術および無阻血腎部分切除術後全生存率と期待余命との比較検討. 第58回日本癌治療学会学術集会 京都, 2020. 10. 22-24. 口演.
  17. 米田 龍生, 小田 侑希, 西村 伸隆, 吉田 貴法, 植松 稔貴, 大森 千尋, 堀 俊太, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 青木 勝也, 田中 宣道, 藤本 清秀, 鶴屋 和彦: 奈良県立医科大学透析部における血液透析(HD)導入患者および合併症治療の入院HD患者の10年間の変遷. 第65回日本透析医学会学術集会・総会 web, 2020. 11. 2-24. P.
  18. 橘 進彰, 田中宣 道, 堀 俊太, 増田 寛雄, 松原 聡彦, 吉川 貴之祐, 植松 麻友, 植松 稔貴, 大西 美貴子, 中井 靖, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 藤本 清秀: 前立腺全摘除術後全生存率と期待余命との比較検討. 第70回日本泌尿器科学会中部総会 金沢市, 2020. 11. 12-14. (ハイブリッド開催), 口演.
  19. 植松 稔貴, 田中 宣道, 中井 靖, 堀 俊太, 家村 友輔, 橘 進彰, 増田 寛雄, 松原 聡彦, 吉川 貴之祐, 大西 美貴子, 三宅 牧人, 穴井 智, 藤本 清秀: 前立腺癌骨転移症例における骨シンチグラフィー部位別BSI の有用性. 第70回日本泌尿器科学会中部総会 金沢市, 2020. 11. 12-14. (ハイブリッド開催), 口演.
  20. 植松 麻友, 堀 俊太, 橘 進彰, 増田寛雄, 松原 聡彦, 吉川 貴之祐, 植松 稔貴, 中井 靖, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 田中 宣道, 米田 龍生, 藤本 清秀: 卵管巻絡による注排液不良を呈した腹膜透析(CAPD)患者の1例. 第70回日本泌尿器科学会中部総会 金沢市, 2020. 11. 12-14. (ハイブリッド開催), 口演.
  21. 吉川 貴之祐, 青木 勝也, 堀 俊太, 増田 寛雄, 橘 進彰, 松原 聡彦, 植松 稔貴, 大西 美貴子, 中井 靖, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 田中 宣道, 藤本 清秀: 当科における過去12年間の停留精巣の検討. 第70回日本泌尿器科学会中部総会 金沢市, 2020. 11. 12-14. (ハイブリッド開催), 口演.
  22. 中村 岳, 奈良 健平, 高橋 修平 , 中島 志織 , 小林 瑞貴, 嘉島 相輝, 山本 竜平 , 小泉 淳, 沼倉 一幸, 齋藤 満, 成田 伸太郎, 佐藤 滋, 羽渕 友則: 免疫抑制薬MMFが有効であったニボルマブ関連ステロイド抵抗性の口腔粘膜炎. 第261回日本泌尿器科学会東北地方会,弘前市, 2020. 11. 7.
  23. 木島 敏樹, 安士 正裕, 渕澤 寛崇, 岡ア 明仁, 鈴木 一生, 坂本 和優, 西原 大策, 別納 弘法, 深堀 能立, 釜井 隆男: 適切な拡大リンパ節郭清は高リスク前立腺癌患者の非再発生存期間を改善しうる. 第34回泌尿器内視鏡外科学会 web, 2020. 11. 19.
  24. 植松 麻友, 堀 俊太, 植松 稔貴, 中井 靖, 三宅 牧人, 鳥本 一匡, 青木 勝也, 米田 龍生, 田中 宣道, 藤本 清秀: SMAP法によるカテーテル留置術後, 腹膜透析開始時に判明したカテーテル直腸瘻の1例. 第24回日本透析アクセス医学会学術集会 大阪, 2020. 11. 27-28.
  25. 倉科 凌, 別納 弘法, 大久保 尚弥, 坂本 和優, 鈴木 一生, 武井 航平, 貫井 昭徳, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: 初発膀胱癌に対する膀胱区域別のTURBT成績について. 第108回日本泌尿器科学会総会 web, 2020. 12/22-12/24. P
  26. 大久保 尚弥, 別納 弘法, 倉科 凌, 坂本 和優, 鈴木 一生, 武井 航平, 貫井 昭徳, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: 当院における5-アミノレブリン酸併用TURBTの初期経験. 第108回日本泌尿器科学会総会 web, 2020. 12/22-12/24. P
  27. 武井 航平, 安士 正裕, 渕澤 寛崇, 横山 愛, 大久保 尚弥, 倉科 凌, 鈴木 一生, 坂本 和優, 別納 弘法, 幸 英夫, 貫井 昭徳, 深堀 能立, 釜井 隆男:臓器限局前立腺癌において超高リスクに分類するクライテリアの考察. 第108回日本泌尿器科学会総会 web, 2020. 12/22-12/24. P.
  28. 大森 千尋, 鳥本 一匡, 藤本 健, 岡島 英二郎, 富澤 満, 植松 稔貴, 西村 伸隆, 小田 侑希, 吉田 貴法, 井上 剛志, 田中 宣道, 藤本 清秀: 人工尿道括約筋植込・置換術における「細い」尿道に対する対応の工夫. 第108回日本泌尿器科学会総会 web, 2020. 12/22-12/24. P.
  29. 井上 剛志, 小田 侑希, 西村 伸隆, 吉田 貴法, 植松 稔貴, 大森 千尋, 三宅 牧人, 穴井 智, 鳥本 一匡, 青木 勝也, 米田 龍生, 田中 宣道, 藤本 清秀: 腹部手術既往がロボット支援前立腺全摘術に与える影響についての検討. 第108回日本泌尿器科学会総会 web, 2020. 12/22-12/24. P.
  30. 西原 大策, 岡崎 明仁, 渕澤 寛崇, 横山 愛, 坂本 和優, 鈴木 一生, 木島 敏樹, 別納 弘法, 深堀 能立, 安士 正裕, 釜井 隆男: 尿路上皮癌に対するペムブロリズマブの治療効果予測バイオマーカーとしてのPD-L1および腫瘍組織浸潤リンパ球(TIL). 第48回獨協医学会学術集会 壬生, 2020. 12. 12.