随時、更新中!

 

横山 愛先生(令和2年度入局)

 

〇泌尿器科を選んだ理由
 学生の頃から外科系に興味があり、泌尿器科もその一つでした。
 泌尿器科の専門領域は腫瘍から排尿障害・尿路感染症・尿路結石と幅も広く内科的治療のみならず手術も行うことが出来ます。そのため泌尿器科の手術も開腹手術や腹腔鏡、ロボットなど多岐にわたることも魅力の一つでした。また内科的にも外科的にも患者さんと長期にわたって関わることが出来る診療科だと思ったのも理由のひとつです。

 

〇女性医師として
 泌尿器科というと男性の科のイメージが強いと思います。実際に患者さんは男性の方が多いですが、女性も3割以上いらっしゃいます。女性患者さんの中には男性医師になかなか言いにくいこともあり、女性医師を希望され外来を受診される方もいます。そういった声を聞くと、良かったなと感じます。
 現状は泌尿器科医の女性の割合は全体の6%ではありますが、20-30代になるとその割合は10-15%と着実に増加しており、注目の科のひとつと言えるのではないでしょうか。腹圧性尿失禁、骨盤臓器脱や過活動膀胱など「女性泌尿器科疾患」という分野も脚光を浴びている今、ぜひ興味を持っていただけると嬉しいです。

 

〇妊娠、子育て
 子育てをしながら臨床経験が積めることができるのか不安ではありましたが、私自身は入局年に出産し、仕事に復帰しました。当直の業務や仕事復帰の時期についても事前に相談させて頂き、子育てに理解のある先輩方や同期に恵まれ、仕事も無理なく続けています。そういった相談も気兼ねなくすることが出来るというのも、とても有難いことでした。
 妊娠・子育てをしながら働くというのはとても大変なことではありますが、医局の明るく楽しい雰囲気で仕事ができ、充実した日々を過ごしています。何より外科に興味があったこともあり、入局1年目から手術・処置など手厚く指導して頂き、やりがいを感じています。男女問わず診療科の選択に悩んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、まずはぜひとも見学にいらして頂ければと思います。

 

 

岡ア明仁先生(令和2年度入局)

 

 獨協医科大学病院泌尿器科入局2年目の岡崎と申します。私は父が内科の開業医であり学生時代は跡取りとして漠然と内科に進もうかなと考えていましたが、初期研修医時に泌尿器をローテートし、普段優しい先生方が手術室に入ると真剣な眼差しになるカッコよさ、そして皆で一丸となり手術を無事完遂させラーメンを食べに行く和やかな雰囲気にとても魅力を感じました。中でも釜井教授の「お前はバカなんだから泌尿器科に向いている!」とおっしゃってくれたことが入局の決め手となりました。
 当科は手術件数が多く、ダヴィンチ・腹腔鏡・結石・TURBTなど幅広い術式を学ぶことができます。また手術以外に総会発表や論文掲載などアカデミックな分野を学ぶことも可能です。また先輩方は既婚の先生方が多く、家庭の時間を大切にするため最近では外勤日に外勤先からの直帰を心掛ける等プライベートも重視しています。
 入局して1年半ほど経ちましたが懇切丁寧に指導いただける先輩方に囲まれながら公私共に充実した生活を送れており、入局して本当に良かったと感じております。是非後輩の皆様にも同じような感動を味わってほしいと思います。私たちと一緒に働いてみませんか?

 

渕澤寛崇先生(令和2年度入局)

 

 令和2年度に入局した渕澤です。東北生まれ東北育ちで、獨協医科大学に入学し、そのまま獨協医科大学病院で初期研修を終えました。初期研修中にローテーションした泌尿器科の和気藹々とした雰囲気に魅了され、入局を決意しました。
 獨協医科大学の泌尿器科は、決して大所帯とは言えない医局員数ですが、逆に考えるとチャンスも多いです。後期研修1年目でも、年間400?500件ある手術の多くに関わることができます。何例か執刀もさせてもらうことができ、毎回先輩方からはサポート・指導して貰えます。
 泌尿器科は内科的治療から外科的治療まで全てを泌尿器科で完結できます。また、腎、副腎、前立腺、膀胱、尿路結石、感染症、排泄機能、性機能、etc...と専門性も多岐に渡り、進む専門分野の選択肢はかなり多いです。将来のビジョンがある際には、教授をはじめ上司にも相談しやすい環境なので、是非相談してみて下さい。
 僕は泌尿器科に入り、仕事も私生活も充実していて、自分の選択は間違いなかったと思います。