TAVI/TAVR

重症大動脈弁狭窄症に対して経カテーテル大動脈弁置換術

2015年、県内初の施設としてTAVIを開始し、これまで多くの患者さんの治療をさせていただいおります。手術適応や手術方法を充分に議論し治療を提案させていただきます。

心臓・血管内科/循環器内科
学内講師
TAVI指導医

那須野 尚久

心臓・血管内科/循環器内科
学内講師
TAVI指導医

那須野 尚久

TAVI とは?

大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法で、カテーテルを用いて大動脈弁を人工の弁と置き換える治療法です。 75歳以上の方やこれまでその他のご病気で手術に耐えられないと判断された方を対象にお胸を切らずに手術ができる治療方法となります。 当院は栃木県内でいち早く2015年よりこの治療法を開始しました。 本邦では2種類のTAVI弁の使用が可能で、太ももの付け根の太い動脈からカテーテルを通す「経大腿動脈アプローチ」が大部分を占めますが、血管の状態によってその他の箇所からアプローチが可能です。 患者さんに一番適したTAVI弁とアプローチ方法を提案させていただきます。

心臓・血管内科/循環器内科
学内講師
TAVI指導医

戸倉 通彰

心臓・血管内科/循環器内科
学内講師
TAVI指導医

戸倉 通彰

TAV in SAVにより
2回目の手術が低侵襲になります。

※TAV in SAV: 大動脈弁置換術を受けられた方へのTAVIこれまで外科的大動脈弁置換術を行う場合、主に手術時の年齢と人工弁(機械弁/生体弁)のメリットとデメリットを考慮し、人工弁の選択を提案し手術を行って参りました。 種類にもよりますが,外科生体弁にはメリットが多いものの、経年劣化(寿命)があります(10-15年程度)。今まで、生体弁を用いた大動脈弁置換術を受けられた患者さんが、生体弁の経年劣化のため再手術となった際は、再度大動脈弁置換術をする以外選択肢はありませんでした。再手術は初回手術時より大きなリスクが伴います。 これに対して、生体弁の中にTAVIを入れてしまうことをTAV in SAVと言います。 全ての患者さんで行うことはできませんが、より低侵襲に再治療を行うことができます。 この方法も当院は栃木県でいち早く開始しました。人生100年時代となり、ますますこの治療は増えていくと予想されます。

心臓・血管外科
学内助教
TAVI指導医

武井 祐介

心臓・血管外科
学内助教
TAVI指導医

武井 祐介

外科医の視点から
大動脈弁治療を総合的に考えます。

大動脈弁狭窄症に対するTAVI治療がその低侵襲性ゆえに脚光を浴びておりますが、一方で合併症の一つである房室ブロック(ペースメーカーが必要になります)、弁周囲逆流(TAVIでは必発で、重症度によっては心不全を引き起こします)が長期的に心臓にどう影響するか、TAVI弁の経年劣化(寿命)も定かではなく、TAVIをしたものの、人工弁不全のために大動脈弁置換術を余儀なくされた報告は本邦や海外から聞こえてきております。当院では患者さんの年齢や併存疾患及び大動脈弁周囲の構造をCT検査で細かく測定し、専門知識を持った複数の医師でしっかりと評価・議論をして、本当にその患者さんにとって適切な治療は何なのか(TAVI、大動脈弁置換術)を検討致します。大動脈弁置換術となった場合でも、右小開胸での小さな手術創でアプローチが可能な場合もありますし、SAV in TAVをも考慮した大動脈弁置換術を行います。 TAVIと大動脈弁置換術の両方の経験からハートチームで協議して最適な治療法を提案いたします。

特徴

  1. 1. 患者さんに適した治療(大動脈弁置換術(低侵襲
    アプローチを含む)、TAVI)を提案致します。
  2. 2. 大腿動脈アプローチだけなく、鎖骨下動脈、
    心尖部と様々なアプローチからTAVIを行います。
  3. 3. 既に大動脈弁置換術(生体弁)を行った患者さんにも
    TAVIをすることができます(TAV in SAV)。

メッセージ

患者さんへ

患者さんの生活に寄り添って、とことんまで説明させていただき、最適な治療法を提案させていただきます。

ご紹介の先生へ

手術適応があるか判断に迷う症例もあるかもしれません。当院で診察及び検査を行いまして、患者さんに一番適した治療法や手術時期等を先生に提案させていただきます。

TAVI専門外来 心臓・血管内科/循環器内科

午前 那須野 戸倉
午後 那須野 戸倉

TAVI専門外来 心臓・血管外科

午前 柴崎 武井
午後 柴崎 武井