メッセージ

センター長のあいさつGreeting from Director

センター長 松島 久雄の顔写真

センター長松島 久雄

獨協医科大学埼玉医療センター臨床研修センターへようこそ。

当院は埼玉県越谷市に位置し、埼玉県東部地域人口180万人の基幹病院として地域医療の重要な役割を担っております。病床数は一般病床923床、手術室は22室と県内最大規模です。大学病院でありながら、市中病院のような研修が魅力的であり、臨床能力のみならず、医師としての基本的価値観を身に着けることを目的としたプログラムを運用しています。

2018年、2019年のマッチングでは100名を超えるご応募をいただき、全国各地の卒業生を幅広く受け入れています。一般、小児科、産科婦人科に加え、令和2年度より多種多様で豊富な外科症例を経験できる外科系プログラムを開始しました。丁寧な指導、精神面でのサポート、充実したカンファレンス、off the jobトレーニングなど要望に応じてUp to Dateな研修を心がけています。

都心へのアクセスが良く、学会参加や休日のリフレッシュにも適した環境です。獨協医科大学埼玉医療センターで充実した卒後研修を行ってみませんか?

研修医からのメッセージMessages from Residents

平成31年度研修医 鹿島田 舜也の顔写真

柔軟性のある研修プログラムが魅力で充実した2年間を過ごせます。

平成31年度研修医鹿島田 舜也

私が当院で研修する中で特に良いと思えることは、一人ひとりの希望に合わせた診療科選択が出来ることです。当院のほぼ全ての診療科を希望履修科目として選択できるため、将来なりたい診療科に絞って研修する方もいれば、幅広く診療科を選択して、なりたい診療科を見つけながら研修する方もいます。また、選択した希望履修科目の変更も可能なので、まだよく分からない方も安心して研修することが出来ます。

どの診療科の先生も熱心で、基本から最先端の治療まで幅広い経験をすることができると思います。他にも書き切れないほど良いところがいっぱいあるので、実際に見学に来てみて下さいね。

平成31年度研修医 相馬 佑樹の顔写真

より多くの経験を積むことができ、成長できる環境が整っています。

平成31年度研修医相馬 佑樹

当院の一番の特徴は、日常診療で頻繁に遭遇するCommon diseaseを多く経験できることに加え、高度医療機関でないと診療する機会が少ないRare diseaseまで経験することができることだと思います。将来、何科に進もうともこのような経験は必ず活きてくるため非常に重要であり貴重なものとなるに違いありません。

さらに当院での研修では、どの診療科で研修しても上級医の先生方は熱心に指導してくださり、1年目から様々な手技を実践することが出来ます。自分自身のやる気次第では、研修医ではなかなか経験できない手技の機会を与えてもらえ、さらなる成長につながります。

研修医同期は多く、お互いに切磋琢磨しながら仲良く楽しく研修しています。ぜひ、一度見学にきて、研修の雰囲気を感じてみてください。そしてぜひ一緒に働きましょう。

令和2年度研修医 嶋中 侑亮の顔写真

進路を考えながら、オーダーメイドな研修ができます。

令和2年度入職研修医嶋中 侑亮

私が当院の強みだと思うことは、一人一人に合わせたオーダーメイドな研修が出来ることです。当院は埼玉県東部の基幹病院であると同時に、大学病院であるため、幅広い診療科を標榜しております。希望履修科目を選択する際は、志望する診療科を中心に研修することもできますし、様々な診療科をローテーションして、進路を考えながら研修することもできます。また、各診療科のスペシャリストが揃っているため、研修中の診療科の上級医に相談できる環境にあるのはもちろんですが、不明な点は他の診療科にコンサルトすることもあるので、臨床現場を通して学び続けることが可能です。

県外からも多くの患者さんがいらしているため、地域医療のみならず、専門性のある疾患まで豊富な症例を経験することができます。研修医は約100人で、研修医同士でも意見交換が可能です。このような時期ではございますが、興味を持って頂けたら、説明会や見学にいらしてください。

令和2年度研修医 清水 裕介の顔写真

幅広い選択肢を持ち、高い自由度と多くの経験を積める病院です。

令和2年度入職研修医清水 裕介

埼玉県越谷市に位置する当院は都心へのアクセスも良く、県内でも人口の多い市です。それ故にCommon diseaseをはじめとした多くの症例が集まり、経験することができます。

また大学病院としての側面も併せ持つために幅広い診療科を持ち、先進的医療に触れることもできます。そして当院では希望するローテーションにも柔軟に対応してくれます。興味ある科を重点的に回るでも良し、各科を満遍なく回るでも良し、と自分の将来を自身でデザインしながら研修することができます。指導医の先生方も熱心であり、多くの手技に触れることができます。自分のやる気次第で指導医バックアップの元、多くの裁量権が与えられます。

研修医の同期も多く、およそ2/3は他大学からであり、互いに切磋琢磨し仲良く楽しく研修しています。共に働ける日を心より楽しみにしております。

令和2年度研修医 菅原 由宇太

自分の興味に応じて勉強に力を入れることができます。

令和2年度入職研修医菅原 由宇太

獨協医科大学埼玉医療センターで研修を始めてとても良かったと思える点は、ローテーションする科を自由に選択できる幅が広いことだと思います。

研修前に選択する科をあらかじめ希望を出しておくのですが、研修を進める中で自分のやりたいと思う科が出てきたら、希望先を変更することも可能です。連続して希望の科を回ったり、時間を空けて自分のスキルアップをしてからもう一度研修したいと希望したりすることもできます。希望先は1か月前までに申請すれば変更できるので、幅広い科を研修することが出来て、どの科を将来専攻しようか悩んでいる研修医にとって、よい判断材料となると思います

当院はしっかりと自分の時間を取れる為、自分の興味に応じて勉強に力を入れることができます。自分の興味がある科をしっかり勉強したいという希望がある人にとって、とても良い研修先だと思います。

みなさんとお会いできる日を楽しみにしています。

令和2年度研修医 髙橋 智美の顔写真

commonから稀な疾患まで幅広く経験でき、自分の希望に合わせた研修ができる病院です。

令和2年度入職研修医髙橋 智美

私が当院での研修で最も魅力的だと感じるのは、症例数が非常に多く、commonから稀な疾患まで幅広く経験できる点です。研修医のうちに学んでおきたい疾患だけでなく、大学病院でしか経験できない希少な症例も学習できます。今後専門医を取得するために、必要な症例を研修医時代から集められるのはかなりの強みだと思います。

また、ローテーションの順番を自分で決めることができるため、一人ひとりの希望に合わせた研修ができます。選択科目は院内全ての科が対象となり、変更も可能です。2年目の選択科目は1年目の秋に決めるので、柔軟性のあるプログラムになっています。

他にも、研修センターには充実した設備が整っていること、各科の先生方は優しく教育熱心で手技を沢山経験できること、研修医は全国各地から集まってくるので、一切壁がないことなど挙げていけばきりがありません。

ぜひ、一度ご連絡ください。研修医一同、お待ちしています。