医局員業績

2020年 業績

田中 康広
【原著】
1.Omura K, Nomura K, Aoki S, Hosokawa Y, Tanaka Y, Otori N, Kojima H:Resection of an inverted papilloma in the nasal cavity with trans-septal access and crossing multiple incisions minimizes bleeding and reveals the tumor pedicle.Auris Nasus Larynx.
47(3): 410-414, 2020.
2. Omura K, Nomura K, Aoki S, Otori N, Tanaka Y:Soft tissue reconstruction with anterior pedicled inferior turbinate flap in conjunction with palatal flap for standard inferior maxillectomy with hard palate resection. Head Neck.42(5):1110-1114 ,2020.
3.Omura K, Hosokawa Y, Nomura K, Aoki S, Tochigi K, Miyashita K, Tanaka Y, Otori N, Kojima H:Effect of gauze placement soaked with adrenaline at suprabullar recess on hemostasis during endoscopic sinus surgery: a randomized controlled trial. HeadNeck.
42(9):2397-2440,2020.
4.Nakayama T, Tsunemi Y, Kashiwagi T, Kuboki A, Yamanaka S, Konno W, Mori A, Iimura J, Tsukidate T, Tanaka Y, Haruna S:Comparision of current staging system for sinonasal inve rted papilloma. Am J Rhinol Allergy.doi: 10.1177/1945892420933178. Online ahead of print.PMID: 32586102,2020.
5.Omura K, Nomura K, Okushi T, Tanaka Y, Otori N:Endoscopic Endonasal Orbital Floor Fracture Repair with Mucosal Preservation to Reinforce the Fractured Bone.J Craniofac Surg. 32(2):541-545,2021.
6.Hosokawa Y, Omura K, Aoki S, Miyashita K, Akutsu M, Tsunemi Y, Kashiwagi T, Haruna S, Otori N, Tanaka Y:Predictors of visual acuity and usefulness of a treatment algorithm in rhinogenous optic neuritis. Ear Nose Throat J. 100(3):162-166,2021.
7.深美悟,中島隆博,阿久津誠,滝瀬由吏江,長島祐美,金谷洋明,平林秀樹,穐吉亮平,田中康広,春名眞一:初診時に顔面神経麻痺を呈した真珠腫性中耳炎の検討. Otology Japan. 30(2):82-90,2020.
8.田中康広,塩谷彰浩:パネルディスカッション2「咽喉頭診療の最近の話題」司会者のまとめ. 日本気管食道科学会報. 71(2):159-160,2020.
9.田中康広,大村和弘,穐吉亮平,栃木康佑,冨山克俊,深美悟,春名眞一 :先天性真珠腫の臨床的特徴と術後成績. Otology Japan. 31(1):22-30,2021.
【総説】
1. 田中康広:耳科領域 鼓室形成術後、アブミ骨手術後で穿孔がなければ潜水をしても大丈夫でしょうか?.JOHNS. 36(9):1072-1073, 2020.
【症例報告】
1. 滝瀬由吏江,深美悟,栃木康佑,永島祐美,阿久津誠,穐吉亮平,金谷洋明,平林秀樹,田中康広,春名眞一:ムコーズス中耳炎により細菌性髄膜炎を発症した妊婦の一例.Otology Japan.30(4): 281-287,
2020.
【学会・研究会発表】
1. 田中康広:手術手技セミナー 内視鏡下耳科手術 鼓膜形成術.第135回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.岡山市,2020.10.6-7.
【研究報告】
1. 文部科学省科学研究費(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C):2020年度〜2023年度
課題名:大脳皮質味覚野における空間的な恒常性維持機構の探求と味覚障害の病態解明
2.獨協国際医学教育研究財団賞:2020年度
課題名:水代謝関連蛋白アクアポリンによるメニエール病発症メカニズムの解明と新規治療薬の開発
【学術書】
1. 田中康広:「 急性中耳炎」846-847,今日の小児治療指針 第17版.水口 雅,他3名監修.医学書院.東京.2020.


穐吉 亮平
【原著】
1. Akiyoshi R, Shindo M, Kaga K:Subcortical deafness as a subtype of auditory agnosia after injury of bilateral auditory radiations caused by two cerebrovascular accidents - Normal auditory brainstem responses with I-Ⅶ waves and abolished consciousness of hearing.
Acta Otolaryngol. 141(4): 374-380, Epub 2021 Feb 11.
【総説】
1. 穐吉亮平,加我君孝:スポーツにおけるvisual vestibular interactionの役割. JOHNS.
36(5): 553-559 , 2020.
【学会・研究会発表】
1. 穐吉亮平: 脊椎動物の大脳・脳幹標本からヒトの脳の起源を探る.第30回日本耳科学会総会・学術講演会. 北九州市, 2020.11.14.
2.穐吉亮平:補聴器の適応.日本耳鼻咽喉科学会埼玉県地方部会「日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医」更新のための講習会.さいたま市,2020.12.6.
3.穐吉亮平,加納有二,加我君孝:被殻出血による中枢性味覚障害を呈した1症例.日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会 第230回学術講演会.東京都,2021.3.6
【研究報告】
1. 文部科学省科学研究費(学術研究助成基金助成金)若手研究:2019〜2023年度
課題名:環境による中枢聴覚情報処理機構の発達制御
2. 獨協医科大学研究助成金・奨励賞:2020年度
課題名:中枢聴覚情報処理への操作による治療アプローチ法の開発


西嶌 嘉容
【研究報告】
1. 文部科学省科学研究費(学術研究助成基金助成金)若手研究:2019〜2023年度
課題名:嚥下機能における大脳皮質第一次運動野Top-down入力の修飾機構の解明


穴澤 卯太郎
1. Anazawa U,Omura k,Nishijima Y,Kensuke A,Kojima H,Tanaka Y:External auditory canal reconstruction with inferior pedicled square screw flap from the preauricular area after resection of external auditory canal cancer.
aryngoscope Investigative Otolaryngology. 6(1): 77-80, 2020.
【研究報告】
1. 文部科学省科学研究費(学術研究助成基金助成金)若手研究:2020年度〜2024年度
課題名:2光子顕微鏡を用いた大脳皮質運動野の嚥下機能Top-down修飾機構と病態解明


海邊 昭子
【原著】
1. Kabaya K, Kondo M, Naganuma H, Nakamura Y, Mihara T, Umibe A, Sato T, Imai T, Suzuki K, Ishii M, Takei Y,Fushiki H, Kiyomizu K, Goto F, Fuku A, Sakamoto N, Horii A, Nakayama M, Iwasaki S: Disability in Protracted Benign Paroxysmal Positional Vertigo at One Month from Symptom Onset a Questionnaire Survey. Journal of Otology and Rhinology. DOI:10.37532/Jor.2020.9(6).400, 9(7),2020.


井上 由佳理
【研究報告】
1. 獨協国際医学教育研究財団賞 :2020年度
課題名:甲状腺未分化癌における未分化転化最初期の微小領域動態観察とその臨床応用の創出


栃木 康佑
【原著】
1. Tochigi K, Omura K, Akiyoshi R, Tanaka Y:Ingredients of Jelly Products AffectAspiration-
Related Pulmonary Inflammation; in an Animal Study.Dysphagia(Online).
https://doi.org/10.1007/s00455-020-10192-1,2020.
2. Tochigi K, Omura K, Miyashita K, Aoki S, Otori N, Tanaka Y:Effects of Hangeshashinto on the nasal physiological function: An in vitro study.Auris Nasus Larynx. 48(2):235-240,2021.
3. Tochigi K, Omura K, Miyashita K, Aoki S, Otori N, Tanaka Y:Pathological Features of Free Graft and Pedicled Flap in the Nasal Cavity: An Animal Study. Laryngoscope.
131(2):428-433,2021.
【学会・研究会発表】
1. 栃木康佑:三大栄養素の気道侵入が肺炎の重症度に及ぼす影響. 第135回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2020.10.4.
2. 栃木康佑:有効な術後処置に関する基礎研究の成果.慈恵会医科大学耳鼻咽喉・頭頸部外科主催 第29回内視鏡下鼻内手術研修会.東京都, 2021.2.19.
【研究報告】
1. 獨協医科大学研究助成金・奨励賞:2020年度
課題名:誤嚥する食事の栄養素の違いが誤嚥によって生じる肺炎に与える影響


宮下 恵祐
【総説】
1. 宮下恵祐:浸潤性副鼻腔真菌症. JOHNS. 37(2): 149-153,2020.


青木 聡
【総説】
1.青木 聡,大村和弘:トルコ鞍・傍鞍部・側頭下窩病変に対する内視鏡手術. 耳鼻咽喉・頭頸部外科. 93(5): 156-161,2021.
【学会・研究会発表】
1. 青木 聡:前頭蓋底手術におけるTIVAの有効性Total intravenous anesthesia vs Inhalation anesthesia.第59回日本鼻科学会総会・学術講演会.東京, 2020.10.10.
【研究報告】
1. 獨協医科大学研究助成金・奨励賞:2020年度
課題名:嗅神経芽細胞腫の発症・病態に関する網羅的解析研究


鈴木 優美
【学会・研究会発表】
1. 鈴木優美:鼻副鼻腔悪性リンパ腫の存在を予測しうる血液検査項目の検討.第135回日耳鼻埼玉県地方部会学術講演会.さいたま市,2020.10.4.


冨山 克俊
【原著】
1.冨山克俊,栃木康佑,井上由佳理,穴澤卯太郎 :深頸部膿瘍症例に対する気管切開術併施に影響する因子の臨床的および画像的検討.日本気管食道科学会報.72(1):16-21,2021.
【学会・研究会発表】
1. 冨山克俊:後弓反張による肢位の変化が気道狭窄を誘発させる因子と考えられた気管軟化症乳児の一例.第15回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会.高知市, 2020.11.4.
【研究報告】
1. 文部科学省科学研究費(学術研究助成基金助成金)若手研究:2020年度〜2024年度 
課題名:発達期における不十分な味覚刺激が味覚伝導路形成に及ぼす影響


岩﨑 昭充
【学会・研究会発表】
1. 岩﨑昭充:歯ブラシ外傷症例における適切な対応に関する検討. 第135回日耳鼻埼玉県地方部会
学術講演会.さいたま市, 2020.10.4.