Responsive image


獨協医科大学 情報基盤センターについて

 情報基盤センターは、学内の学術系ネットワークやサーバーなど、ICT(情報通信技術)基盤の活用や支援に関わる部門として、本学における教育・研究・業務および事務管理に寄与することを目的としています。益々高度化する情報化社会で、積極的にICTを活用し、活躍できる人材育成も支援します。

センター長あいさつ

 「情報基盤センター」は、2011年4月から従来の組織を改編する形で設置されました。2019年までスタッフは「基本医学 情報教育部門」との兼務で行ってきましたが、組織機能の見直しに伴い、情報教育部門は情報基盤センターと統合化し、現在に至っています。
 業務として、情報化社会の進展や今後のSociety 5.0への移行を考慮した形で、学内のネットワーク環境や、種々オンラインサービス環境の提供など、ICT(情報通信技術)基盤の企画・構築や、活用・運用支援を行っています。
 また、学生教育においても、医学部、看護学部、附属専門学校(壬生・三郷)や、大学院の授業も担当しています。その中で、ICTリテラシーの育成や、今後のSociety 5.0のような社会変革に対応可能な知識や技能を育むための教育も行っています。実際にロボットや人工知能、IoT、 VR/ARなど、種々の新たなテクノロジーに触れることが可能な授業も展開しています。
 さらに、教育領域や、医療や介護領域でロボットなどのテクノロジーを用いる研究や、教育工学的な視点からの種々研究も進めています。それらの結果を実際の教育等に活用できるようにと考えています。
 現在、教育、研究、業務のすべてにおいて、ICTや新たなテクノロジーの必要性や活用への期待が高まっています。そのため、当センターとしても、学内外の皆様のご支援、ご協力を頂きながら、新たな挑戦を続けていきたいと考えております。  どうぞよろしくお願い申し上げます。

情報基盤センター長
坂田 信裕

情報基盤センターの取り組み

教育

・「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」

本学は、文部科学省が定める「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」に認定されています。
「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」のページへ 

・DX推進計画

 「デジタルを活用した大学・高専教育高度化プラン」の実施に関わっています。 
DX推進計画(PDF形式) 


情報セキュリティ

・R4年4月 「獨協医科大学情報セキュリティ対策に関する規程」の発行

情報セキュリティ基本方針等の制定に伴い、全学的な情報セキュリティ研修計画や委員会等を実施しています。
学内向け:獨協医科大学情報セキュリティ基本方針等の制定について 

沿革

平成9年4月
医学情報センター発足。教育・研究・業務部門、システム部門、画像資料部門、医療情報部門の4部門で構成。

平成18年4月
医療情報部門が医学情報センターから分離し、病院所属の部門となる(医療情報部門は平成19年4月に医療情報センターとなる)。

平成19年4月
複数の部門・センター等が含まれる国際教育研究施設が開設。医学情報センターも含まれる。 画像資料部門が医学情報センターから分離し、病院所属の部門となる(医療情報センター 画像資料室)。 その後、医学情報センターは情報教育室および情報管理室の2室体制。

平成23年4月
組織機能見直しに伴い、国際教育研究施設が廃止され、医学情報センターは「基本医学 情報教育部門」および「情報基盤センター」の2組織に分離。
「情報教育部門」は、教育に関わる他部門と統合した「基本医学」を構成する部門となり、主に教育および研究関係に携わる。
「情報基盤センター」は、大学全体のICT利活用を支援する部門として独立し、学術系ICT基盤環境の新たな企画導入や維持管理に携わる。

平成31年4月
組織機能見直しに伴い、情報教育部門は情報基盤センターと統合化して、一つの組織となる。 情報基盤センターでは、大学全体のICT利活用を支援する部門として、学術系ICT基盤環境の新たな企画導入や維持管理に携わるとともに、教育および研究にも携わる組織として活動。

スタッフ

教 授(センター長) : 坂田 信裕  経歴・業績
准教授 : 山下 真幸  経歴・業績
講 師 : 坂東 宏和  経歴・業績
助 教 : 上西 秀和  経歴・業績
技術員 : 梅村 博子
技術員 : 冨士山千晶
技術員 : 大橋 和也
技術員(兼務) : 桐生 穂高

業務内容

  • 学術系情報ネットワークの企画・導入および管理
  • 学術系情報システム(サーバー類)の企画・導入および管理
  • コンピューター教室の企画・導入および管理
  • ICTを活用した教育、医療への応用に関する研究
  • 情報リテラシーに関する教育・研修・研究
  • コンピュータやネットワークなどのICT(情報通信技術)を活用する教育への対応
  • ICTを活用した教育、医療への応用に関する研究

担当教科

医学部
1年

  • 医学情報リテラシー
  • リベラルスタディ
  • PBLテュートリアル I
  • コミュニティヘルスインターンシップ
  • 看護学部
    1年

  • 情報リテラシー
  • 情報リテラシー演習
  • 3年(編入)
  • 情報リテラシー
  • 情報リテラシー演習
  • 大学院医学研究科

  • 基本医科学
  • 大学院看護学研究科

  • 看護情報科学特論
  • 附属看護専門学校(壬生)
    1年

  • 情報科学
  • 附属看護専門学校(三郷)
    1年

  • 情報科学
  • 運用時間と場所について 

    運用時間 8:30~17:00 (昼休憩 11:30~12:25)

    休業日:土、日、祝祭日、年末年始(12/29~1/3)、開学記念日(4/23)

    対応の内容と連絡先

    教室棟 1階 A101室
    直通電話:0282-87-2274
    壬生内線:2514

    ・コンピューター教室関連
    ・ノートPC等の機器貸出
    ・獨協医大ネットワーク申請関連
    ・D-DOAアカウントに関すること
    ・Office365 利用全般に関すること

    教室  1階 A105室
    直通電話:0282-87-2136
    壬生内線:2241/2242

    ・無線LAN DARWiNについて
    ・eduroamについて
    ・ウイルス対策ソフト SOPHOS 関連
    ・学習・授業支援システム(LMS)について
    ・統計解析ソフト SPSS 利用申請に関すること
    ・Microsoft 包括ライセンスに関すること

    メールでの問い合わせ: cict☆dokkyomed.ac.jp
    ※ ☆を@に変えてください