発表・業績一覧

学会発表

日本神経学会関東甲信越地方会 (2011年6月~参加)
第200回 IgG4関連肥厚性硬膜炎の75歳男性例
第201回 無症候性に広範な白質病変を呈したNMO spectrum disorderの40歳女性例
第202回 偽性球麻痺を主徴とした特発性正常圧水頭症の71歳男性例
第203回 ターナー症候群の臨床像を合併したCMT1Aの41歳女性例
第204回 多発筋炎の臨床像で筋病理所見はgranuromatous myositisを呈する63歳男性例
第205回 ビタミンB12欠乏症による亜急性小脳性運動失調と脳症を呈した69歳女性例
第206回 motor restlessnessが受診の契機となったパーキンソン病の83歳男性例
第207回 突発性難聴を主徴とした橋梗塞の63歳男性例
第208回 多発頭蓋内結核種を合併したIgG4関連肥厚性硬膜炎の77歳剖検例
第209回 カプグラ症候群を呈したレビー小体型認知症の73歳女性例
第210回 慢性進行性の痙性対麻痺を呈した低葉酸,低ビタミンB12,高ホモシステイン血症の16歳男性例
第211回 Percheron動脈梗塞によって髄液オレキシン低値を呈した77歳男性例
第212回 バクロフェン髄注療法が効果的であったStiff limb person症候群の27歳男性例
第213回 バクロフェン髄注療法が症状緩和に効果的であった副腎白質シストロフィーの34歳男性例
第214回 神経原性肺水腫を繰り返した睡眠時無呼吸を合併する睡眠関連てんかんの62歳男性例
第215回 両側慢性硬膜下血腫の血腫拡大前に一過性の両下肢脱力を繰り返した74歳男性例
第216回 精神病相から記録しえた非腫瘍合併N-methyl-D-aspartate (NMDA)受容体脳炎の42歳女性例
第217回 脊髄・脊髄神経根症を合併した結核性髄膜炎の30歳男性例
第218回 偽性橈骨神経麻痺を呈した大脳皮質基底核変性症の57歳女性例
第219回 健常者で発症したクリプトコッカス髄膜脳炎の29歳男性例
第220回 後頸部痛で発症し椎骨動脈内に可動性血栓を認めた51歳男性例
第221回 心停止で発見され救命した抗NMDA受容体脳炎の32歳男性例
第222回 Isolated body lateropulsionで発症した延髄外側梗塞の70歳男性例
第223回 物忘れ、不随意運動、急な転倒を呈した神経核内封入体病の68歳女性例
第224回 対称性に長大な内包後脚病変を呈したNMO spectrum disorderの38歳女性例
第225回 開頭減圧術にて救命した急性進行型原発性中枢神経系血管炎の30歳男性例
第230回 右動眼神経に造影効果を認めたTolosa-Hunt症候群の77歳男性例
第235回 悪性症候群で発症したMOG抗体関連白質脳症の34歳女性例
第236回 消退する脳病変をくり返し2回目の脳生検にてびまん性大細胞型B細胞リンパ腫と診断しえた75歳男性例
第237回 脳梗塞を繰り返し両側頭蓋内内頸動脈狭窄が進行して死亡に至った58歳女性例
第238回 両側動眼神経麻痺のみを呈した神経梅毒の32歳男性例

日本神経学会総会
第54回 当院における高齢発症重症筋無力症の治療経験について
     レム睡眠行動異常症における嗅覚同定検査の評価-カード型とスティック型の比較検討-
第55回 レム睡眠行動異常症におけるSCOPA-AUT日本語版を用いた自律神経評価
第56回 レム睡眠行動異常症におけるDATスキャンによるドパミン作動神経機能の評価
第57回 レム睡眠行動異常症における光干渉断層法による網膜神経層の検討
第58回 Delayed emergence of a neurodegenerative disease in elderly patients with idiopathic REM sleep behavior disorder: an observational cohort study
第59回 特発性レム睡眠行動異常症からレビー小体病への進展予測の検討

日本神経治療学会
第30回 ステロイド減量中に眼窩先端症候群を呈したIgG4関連肥厚性硬膜炎の1例
第31回 プラミペキソール速放錠から徐放錠への切り替えによる臨床的推移の検討
第32回 当科における好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の6例の臨床的検討
第33回 経口治療が難治である痙縮に対するバクロフェン持続髄腔内療法を経験した2症例
第35回 エダラボン治療は筋萎縮性側索硬化症の地域医療ネットワーク作成に寄与する
第36回 発表予定

日本内科学会総会
第114回 大脳皮質基底核変性症(CBS)の神経学的症候、高次脳機能と脳SPECTの解析
第115回 LRP4抗体陽性患者5名の報告

日本内科学会関東地方会
第666回 治療抵抗性のてんかん発作にて発症し, 肺小細胞癌に伴う傍腫瘍性辺縁系脳炎 と診断しえた72歳男性例

日本神経免疫学会
第30回 新規DMTによるウイルス感染症のためデエスカレーションでIFNβ1b再導入した症例の検討
     難治性全身型重症筋無力症(MG)患者に対する抗補体モノクローナル抗体製剤エクリズマブの使用経験

日本脳卒中学会
第44回 睡眠呼吸障害と無症候性脳血管障害との関連についての検討

日本脳ドック学会
第27回 睡眠呼吸障害と無症候性脳血管障害との関連についての検討

日本自律神経学会
第69回 神経疾患とレム睡眠行動異常症(シンポジウム)
第70回 レム睡眠行動異常症における心筋MIBG評価と予後調査の検討

日本睡眠学会
第42回 特発性レム睡眠行動異常症における縦断的データの解析(シンポジウム)
第43回 睡眠中に発生する異常行動の分析(シンポジウム)

獨協医学会総会(年度における各診療科・教室の代表的な研究発表会)
2013年度 非運動症候におけるパーキンソン病に伴う軽度認知障害の評価と認知症への進展予測についての検討
2014年度 神経疾患におけるカード型嗅覚同定検査による嗅覚評価の検討
2015年度 傍正中視床梗塞におけるオレキシン神経への影響についての検討
2016年度 レム睡眠行動異常症におけるパレイドリア反応についての検討
2017年度 レム睡眠行動異常症における神経変性疾患へ移行した症例の臨床的検討
2018年度 睡眠呼吸障害と無症候性脳血管障害との関連についての検討
2019年度 日本人特発性レム睡眠行動異常症の長期予後について
2020年度 レム睡眠行動異常症における脳血流分布と認知症への進展予測についての検討

著書

●Combinations of Markers Provide Clues to the Underlying Neurodegenerative Disoder in REM Sleep Behavior Disorder. DIAGNOSIS AND TREATMENT OF PARKINSON'S DISEASE 6:89-104,2011.
https://www.intechopen.com/books/diagnosis-and-treatment-of-parkinson-s-disease/combinations-of-markers-provide-clues-to-the-underlying-neurodegenerative-disorder-in-rem-sleep-beha
●Cardiac Scintigraphy in RBD. Springer Nature, 2018. https://doi.org/10.1007/978-3-319-90152-7

●睡眠関連こむらがえり.Primary Care in Psychiatry and Brain Science.脳とこころのプライマリケア 5 意識と睡眠:760-763,2012.
●呼吸器系自律神経検査レビュー.(著書分担)自律神経機能検査 第5版 390-394,2015.
●睡眠ポリグラフ検査.(著書分担) 自律神経機能検査 第5版 395-400,2015.
●Restless legs syndrome(Willis-Ekbom病)(著書分担)今日の整形外科治療指針 第7版, 296, 2016.

論文(研究)

レム睡眠行動異常症
●Preclinical substantia nigra dysfunction in rapid eye movement sleep behaviour disorder. Sleep Med. 2012;13:102-106.
●Phenoconversion from idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder to Lewy body disease. Mov Disord Clin Pract. 2018;5:506-511.
●Relationship of substantia nigra hyperechogenicity to risk of Lewy body disease in idiopathic REM sleep behavior disorder patients: a longitudinal study. Sleep Med. 2020;68:31-34.
●Longitudinal study of striatal aromatic l-amino acid decarboxylase activity in patients with idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder. Sleep Med. 2020;68:50-56.
●Reduced dopamine transporter uptake predicts early transition to Lewy body disease in Japanese patients with idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder. J Neurol Sci. 2020;414:116821.

国際共同研究
レム睡眠行動異常症
●Environmental risk factors for REM sleep behavior disorder: a multicenter case-control study. Neurology. 2012;79:428-434.
●A single-question screen for rapid eye movement sleep behavior disorder: a multicenter validation study. Mov Disord. 2012;27:913-916.
●Family history of idiopathic REM behavior disorder: a multicenter case-control study. Neurology. 2013;80:2233-2235.
●Comorbidity and medication in REM sleep behavior disorder: a multicenter case-control study. Neurology. 2014;82:1076-1079.
●Autonomic symptoms in idiopathic REM behavior disorder:a multicentre case–control study. J Neurol. 2014;261:1112–1118.
●Risk factors for neurodegeneration in idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder: A multicenter study. Ann Neurol. 2015; 77:830-839.
●Dopaminergic imaging and clinical predictors for phenoconversion of REM sleep behaviour disorder. Brain. 2020;144:278-287.

国内共同研究
レム睡眠行動異常症
●Voxel-based magnetic resonance imaging study of structural brain changes in patients with idiopathic REM sleep behavior disorder. Parkinsonism Relat Disord. 2012;18:136-139
●Longitudinal study of regional cerebral blood flow in elderly patients with idiopathic rapid eye movement sleep behavior disorder. Geriatr Gerontol Int. 2014;14:115-120.
パーキンソン病
●Nocturnal disturbances and restlessness in Parkinson's disease: using the Japanese version of the Parkinson's disease sleep scale-2. J Neurol Sci. 2012;318:76-81.
●Probable rapid eye movement sleep behavior disorder, nocturnal disturbances and quality of life in patients with Parkinson's disease: a case-controlled study using the rapid eye movement sleep behavior disorder screening questionnaire. BMC Neurol. 2013;13:18.
●Evaluation of cutoff scores for the Parkinson's disease sleep scale-2. Acta Neurol Scand. 2015;131:426-430.
●Usefulness of Cardiac MIBG Scintigraphy, Olfactory Testing and Substantia Nigra Hyperechogenicity as Additional Diagnostic Markers for Distinguishing between Parkinson's Disease and Atypical Parkinsonian Syndromes. PLoS One. 2016;11(11):e0165869.
●Istradefylline improves daytime sleepiness in patients with Parkinson's disease: An open-label, 3-month study. J Neurol Sci. 2017;380:230-233.
睡眠関連疾患
●Does pramipexole treatment improve headache in patients with concomitant migraine and restless legs syndrome?. Tremor Other Hyperkinet Mov (N Y). 2013;3:tre-03-176-4234-1.
●Dream-enacting behaviour is associated with impaired sleep and severe headache-related disability in migraine patients. Cephalalgia. 2013;33:868-878.
●Hypocretin-1 levels in the cerebrospinal fluid of patients with Percheron artery infarction with or without midbrain involvement. Medicine. (Baltimore)2016;95(29):e4281.
●Cerebrospinal fluid orexin-A levels in systemic lupus erythematosus patients presenting with excessive daytime sleepiness. Lupus. 2018;27(11):1847-1853.
●Involvement of legs and other body parts in patients with restless legs syndrome and its variants. J Neurol Sci. 2019;407:116519.

論文(総説)

●Preclinical dopaminergic dysfunction in rapid eye movement sleep behavior disorder. Sleep and Biological Rhythms. https://doi.org/10.1111/j.1479-8425.2012.00554.x
●Neuroimaging of rapid eye movement sleep behavior disorder: transcranial ultrasound, single-photon emission computed tomography, and positron emission tomography scan data. Sleep Med 2014;14: 739-743.
●Parkinson's disease and sleep/wake disturbances. Curr Neurol Neurosci Rep. 2015;15(3):8. doi:10.1007/s11910-015-0525-5
●Insulinoma Masquerading as Rapid Eye Movement Sleep Behavior Disorder: Case Series and Literature Review. Medicine (Baltimore). 2015;94(25):e1065.

レム睡眠行動異常症
●レム睡眠行動異常症(RBD)の自律神経障害.自律神経 48(2):111-113, 2011.
●特集 睡眠時随伴症を考える REM睡眠行動障害.睡眠医療 5:135-159, 2011.
●REM睡眠行動異常症における病態と自律神経中枢との関連.自律神経 49:207-208, 2012.
●睡眠時随伴症 レム睡眠行動異常症を中心に.内科 111:281-287, 2013.
●レム睡眠行動異常症と自律神経障害.Annual Review 2014 神経: 259-264, 2014.
●レム睡眠行動異常症と神経変性疾患.医療ジャーナル.50: 1587-1590, 2014.
●レム睡眠行動異常症とシヌクレイノパチー.BRAIN and NERVE 72:107-117, 2020.
レストレスレッグス症候群
●むずむず脚症候群(RLS)とレム睡眠行動異常症(RBD).Mebio vol.29 no.3:88-96, 2012.
●レストレスレッグス症候群.PharmaTribune 5:35-43, 2013.
神経疾患と睡眠関連疾患
●特集 Parkinson病-Braak仮説をめぐって. Parkinson病の運動症状発症に先行する非運動症状-睡眠障害(REM睡眠行動異常症と神経変性疾患との共通する病態基盤).神経内科 75:350-355, 2011.
●睡眠呼吸障害と神経内科疾患-脳血管障害を中心に-. medicina 48 :1006-1009, 2011.
●パーキンソン病とレム睡眠行動異常症の嗅覚障害.BRAIN and NERVE 64:356-363, 2012.
●リスク因子としての睡眠時無呼吸と脳卒中による睡眠関連疾患.睡眠医療 10:249-255, 2016.
●レビー小体型認知症とレム睡眠行動異常症.PROGRESS IN MEDICINE 37:961-966, 2017.
●筋強直性ジストロフィーと睡眠.睡眠医療 12:97-101, 2018.
●てんかんと睡眠障害.神経内科 89:159-167, 2018.
免疫性神経疾患
●多発性硬化症 他(多発性硬化症,視神経脊髄炎,ギラン・バレー症候群,神経ベーチェット病,自己免疫疾患脳炎の最近の話題).BIO Clinica 34:86-95, 2019.
●多発性硬化症 他(多発性硬化症,MOG抗体関連疾患の最近の話題).BIO Clinica 35:51-55, 2020
睡眠医療
●睡眠時無呼吸の検査.CLINICAL NEUROSCIENCE 35:1014-1015, 2017.
●臨床PSG視察判定の有用性.睡眠中に発生する異常行動の分析.睡眠医療 14:229-236, 2020.

論文(症例報告)

●ステロイド漸減中に眼窩先端症候群が再燃したMPO-ANCA陽性のIgG4関連肥厚性硬膜炎の1例.臨床神経学 54, 52-55, 2014.
●遅発性増悪を来した健常者発症のクリプトコッカス髄膜脳炎の1例.臨床神経学 59:190-194, 2019.

国内共同報告
●Disruptive nocturnal behavior due to insulinoma revealed by continuous glucose monitoring.Eur J Neurol. 2014;21(5):e46-e47.

論文(その他)

●脳血管障害.日本臨牀 Vol.71 増刊号5: 541-547
●こむら返り.ドクターサロン 330-333, 58, 2014.
●レム睡眠期に生じる異常行動の鑑別診断(RBD mimics)についての考察.臨床神経学 59:211-212, 2019.

国内共同報告
●Could istradefylline be a treatment option for postural abnormalities in mid-stage Parkinson's disease?. J Neurol Sci. 2018;385:131-133. doi:10.1016/j.jns.2017.12.027