2021年 医局の行事紹介

第50回日本神経放射線学会

2021年2月11日〜13日

熊澤

webで参加できると聞き、初めて参加しました。
3月にみれるから…という気持ちでLIVEも参加していましたが、LIVE配信のみの講演中心にきけばよかったなぁと後悔しました…。

個人的に面白かったのは共催セミナーの下垂体のお話でした。
造影3D-FLAIRで正常の下垂体前葉は染まらないということで、ラトケ嚢胞、頭蓋咽頭腫、腺腫の見え方を検討していて、ぜひ撮ってみたいと思いました。
基底核病変のお話はすごくまとまっていて勉強になりました。一酸化炭素中毒とクリプトコッカス以外はぼやーっとした記憶しかなかったのでテストにむけて勉強しようと思います…。

オンデマンドで3月もみれるので気になるものをまた見ようと思います!

栃木放射線科医会 第16回栃木ラジオロジーセミナー

2021年2月6日

熊澤

栃木放射線科医会で前立腺クリプトコッカス症の一例を出題してきました。
今回zoomでのはじめてのweb開催でしたが、トラブルなくおわってほっとしています。MTXかぶりしてしまって申し訳なかったですが…。

症例提示のあとに行われたラジオロジーセミナーですが、脊椎の病理のお話が面白かったです。病理の先生がこんなに画像所見をまとめてくれるなんてすごいなあと思いました。確かに後縦靭帯骨化している人は軸椎の後ろの方骨化してないなあと思っていましたが、滑液包によって骨から離れているという事実に納得しました。脊椎の硬化みたらすぐ骨島だと思っていたけれど、その中には良性脊索細胞腫もあったのかもしれないです…。

時間がなくてスライド飛ばされたところもあったのですが、ぜひじっくり聞いてみたいです。

ミッドウィンターセミナー

2021年1月16日〜17日

熊澤

ハイブリッド開催になったミッドウィンターセミナーに参加しました。
シラバスがちゃんともらえるところが魅力的なミッドサマー・ウィンターセミナーです。2日間ですごい情報量で、改めて見返すと忘れてることだらけで焦りました。

肝腫瘤鑑別にカットオフ値はさておきADC値がとても有用なのだということがよくわかりました。確かにいつも困ったらADCmapみてましたが、間違いではなかったようでよかったです。頭頸部、放射線治療の先生の講義は、なんだかとても優しい感じがしました。できればこんなレポート書いてほしい…が心に染みました。

2日目のIVRのお話は、迅速な止血の必要性がわかりやすく説明していただけて勉強になりました。せっかくの充実した講義なのでがんばって復習したいです…。

ページの先頭へ