乳房検査について

 乳房はやわらかい組織で構成され、通常のX線装置では写りにくいために乳房専用のX線装置を使用します。この乳房専用のX線装置を用いた検査のことをマンモグラフィ検査と呼びます。 マンモグラフィでは、視触診で発見することが難しい小さな病変(腫瘤や石灰化)を発見することができます。また、今回撮影した写真と以前のものを比較することにより、乳房組織の微妙な変化を観察することができます。 何かご自身で気になる症状がありましたら、撮影の参考になることもありますので、撮影担当技師にお伝え下さい。

  当院では乳房の断層画像が得られるトモシンセシスや乳房組織を採取するステレオガイド下マンモトーム生検、造影剤を使用した造影マンモグラフィも行っています。

当院のマンモグラフィについて

 当院ではNPO法人日本がん検診精度管理中央機構より、マンモグラフィ検診施設画像認定を取得しています。
また同機構より検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師の認定を取得した技師が現在10名在籍しています。学会や研究会等に積極的に参加し、日々知識や技術の習得に努めています。
ー認定制度についてー
 質の良いマンモグラフィを提供するために撮影する技師においては、高度な技術力と高い読影力が求められます。また撮影装置も高性能化されており、それらの精度管理を行い、適切な画像および撮影が行われているかどうかを確認する必要があります。
そのため一定の教育および研修、試験をすることにより認定を受けています。また、これらの認定についてはそれぞれ更新制度があり、再評価が必須となっています。

▲ページTOPに戻る